なんだかなあ・・・

今日、私の実家に泊まりに行っていた子供達が急遽帰ってきた。

ホントは14日~21日までの予定だった。

子供達だけで列車に乗っていくのは結構スリリング
でも、金沢富山間はちいさな冒険にはちょうどよい距離。
いつも長期休暇のときは王子と姫で2泊3日程度は行っていた。

今回はなぜ長く予定したかというと、私の体調があまりよくないことを知った両親が
「お盆くらいから夏休みいっぱいまでいてもいいよ。いつもそちらのご両親(お舅さん、お姑さん)ばかりに見てもらって申し訳ないから・・・」
と、言ってくれたからだ。
これには娘の私もびっくりの発言だった。

今まではだいたい、一緒に泊まりにいっても2泊が限度。
母のいらいらがつのり、追い出されるように帰ってくることが多かった。

出産したときも、王子のときは帝王切開にもかかわらず里帰りは2週間程、姫の時にはまたまた帝王切開だったが病院から自宅へ直帰。体は大変でも、そのほうが気が楽だった。

そんな実家だから、今回の発言はびっくりしたがとてもありがたく思った。
やっぱり、血を分けた両親はいいものだ、いざとなったら理解もあるし、助けてくれるんだなあって。

でも、でもやっぱり一抹の不安があり、旅行も予定されていたことから、1週間お願いすることにした。


ところが

やっぱり、1週間ももちませんでしたあ
姫が毎晩寝る頃になると泣くという理由で今日、帰されてしまいました。
でも、それは両親も予想していたこと。
母は、
「私たちががんばるから。」
と言ってくれていた・・・はずなのに、やっぱり無理かあ。
つかの間の私のおやすみもあっという間に幕を閉じたのでした。

なんだかなあ・・・
身内の確執ってやだなあ。

あ~あ、ブログで愚痴ってしまった。
ゴメンナサイ。

でも、頼れるところがないって結構つらいんだよなあ・・・。

夏休みも後半。
体調をみながら、がんばるしかないか





ぽちっとしてねん
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村



 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2010年08月18日 21:09
子どもだけのお泊りは むずかしいですよね。お母様 いくらがんばろうって気がまえていても 実際に目の前で子供が泣き出しちゃうと どうしようもなかったんでしょうね。
姫ちゃんも お母様ががんばるほど 違和感を感じて 不安になっちゃたのかも。
あと2週間の夏休み まだまだ長いですね
2010年08月19日 01:48
私の母も同じでした。
娘は初孫で大喜びだったのに、12月12日に生まれて、1週間後に病院から実家に移って、そしたら「正月は自分のアパートに戻りなさい」と言われてしまって…… 一か月検診で先生から大目玉を食らいました。それ以降、実家に泊まったことはありません。
近所の方たちが2ヶ月も実家に帰省して「食っちゃ寝食っちゃ寝だったよ」という話をしているのが、すごくうらやましかったです。体が弱い母ですから、子供の元気についていけないのはわかるけど、それにしても、ねぇ……
といいつつ、私もそうなるかも?
2010年08月19日 14:22
孫は来てよし、帰ってよしと言いますけど、この言葉、おじいちゃん、おばあちゃんの気持ちをよくあらわしているなと思います。
孫は可愛いけど、いつも一緒に暮らしているわけではないので、疲れてしまうんでしょうね。好みも遊びもわからない、どうしたら楽しんでくれるのかわからない、困ってしまうのでしょうね。
優しい言葉をかけてくれただけでも今回は進歩と受け止められるといいですね・・(=^・^=)
いちごみるく
2010年08月19日 15:20
私も小学校低学年の一時期弟と二人夏休みに父方の祖父母の家に行くと夕方あたりから寂しくなり帰りたいと泣いていました
だって・・・夕方になるとしんみりした曲が町内放送でながれるんですもの(家の中で)
姫ちゃんももう少し大きくなったら大丈夫になると思いますよ♪
にゃあん
2010年08月19日 16:09
引越やPTA?かな…で神経を使われたんですよ。おまけにこんな猛暑だし。
体調が思わしくない時は頼れるヒトに頼りましょ!私も沢山の方々に助けて頂きましたよ。お互い様デスよ。甘えちゃいましょ!
2010年08月19日 17:28
ごぶさたしてました~^^
子供さんたちだけでのお泊りはけっこう難しいですよね。普段ひんぱんに行き来していても、夕方、夜になると、不安になる子も多いしね。
二人とももう少し大きくなったら、今度はママを気づかって、逆にいてくれるほうがラクかもしれませんよ。
それまでが大変かもしれませんが…。
そちらはまだまだ暑いようですね。
お体をお大事に。
山口達也
2010年08月22日 12:12
姫は夜寂しくなっちゃうんですかね??
子供だけでのお泊りは難しいみたいですね。
ちえちえさんむりなさらないようにしてくださいね~
ちえちえより
2010年08月22日 19:18
丸みさんへ
そうなんです。二週間、長~い!

mhmさんへ
mhmさんのところもですか?
私もよく、産後の里帰りを二ヶ月もしているとか、1ヶ月検診は親と一緒とか、他にも折々に1週間お里にいってきたとか聞くと、うちではありえないうらやまし~って思いますよ。
親の顔色をうかがいながら育ってきたので、自分の子供にはそんな思いはさせたくないと思っています・・・。

ノアさんへ
そうですね。ノアさんのおっしゃるように心広くありたいと思います。
でも、なんだか悲しかったんです。
旅行に行く元気があるくらいなら自分で面倒を見ろみたいに言われて。(23日から予定しています。がんばります。)両親はそれも承知の上だったのに。身内に自分の病気を理解してもらえないのは悲しいです。

いちごみるくさんへ
そうですか・・・。
私は、弟と夏休みの間中ほとんどおばあちゃんちに預けられていたので慣れっこでした。
まあ、ああいう母なのでおばあちゃんといたほうが楽だったのかもしれませんね。
ちえちえより
2010年08月22日 19:23
にゃあんさんへ
頼りたいけど頼れないのってとてもつらいです。
身内だから私の病気は理解してくれていると思っていました。だから、余計に悲しかったです。

rossoさんへ
お久しぶりです!
そうですね。二泊が限度ですね。王子は大丈夫なんですけどね~。
姫は女の子だし、rossoさんのおっしゃるとおり、何年かしたらいろいろ手伝ってくれるようになるでしょうね。

たつやさんへ
は~い。ぼちぼちいきま~す。
たつやさんちも順調??

この記事へのトラックバック