ふわふわねこじゃらし

アクセスカウンタ

zoom RSS 亡き方を偲んで

<<   作成日時 : 2010/03/19 19:21   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 11

今日、お葬儀に参列した。
私たち夫婦が結婚するとき、媒酌人をしてくださった方が亡くなったのだ。

主人の実家のご近所にお住まいで、義父母ともに親しくさせていただいており、そのご縁で媒酌人を引き受けてくださった。

その方は、整形外科のDrで、ご自身の経営する病院の理事長を務められており、また音楽をこよなく愛した方だった。

体つきは大きくて、声も大きくて、でも優しさがあふれ、先生を慕う患者さんが大勢いた。

Drの仕事のかたわら、ライオンズクラブなどさまざまな活動をされたり、自らチェロを演奏されたり、時にはタクトを振ることもあった。音楽会にもご夫婦でしばしば出かけられ、私たち夫婦も時々お見かけしていた。

体調を崩され長い入院生活をしておられたが、その間に叙勲を受けられ、ご本人の希望で車椅子ではあったが皇居にて天皇陛下にお逢いになられたこともあった。




訃報を聞き、主人とご自宅に伺ったときには奥様がこんなお話をしてくださった。
 今まで数々仲人をしてらしたと思うのに、私たちの結婚式のときは、張り切って先生のモーニングや奥様の留袖を新調されたこと、結婚50年目には引き出しに奥様宛のラブレターが入っていたこと、
そして
「いつも二人で音楽会に行っていたので一人では行く気になれないわ。あなた方もいつも二人で音楽会に来ていたわね。私にはもうそれができない。うらやましいわ。いつまでも仲良くね。」
この言葉が一番印象に残った。
二人で一緒に年を重ねていくこと、それは本当に幸せなことなのだと教えられたような気がする。日々忘れがちなこの小さな幸せを大切にしていきたいと思う。


今日のお葬儀では、タクトを振る凛々しいお姿が花々に囲まれていた。また、愛用のチェロも飾られていた。
お葬儀で流す曲もあらかじめ指定されていたと聞いている。そんな、先生の好きな曲を耳にしながら先生の遺影を眺めていた。

読経、お焼香が終わったあと、オーケストラアンサンブル金沢の主席チェロ奏者の方がソロで献奏された。
先生らしい、とてもいいお式だったと思う。

最後に私もお花を入れて差し上げた。そのお顔は以前の面影はないものの、安らかできれいだった。
体には燕尾服がかけられ、右手にはタクト、左手にはチェロを刺繍したハンカチが・・・。


私はいつも人は何か役割を持って生まれてくると思っている。4人もの方が弔辞を送られたが、先生は本当に多大な功績を残されたのだなと改めて大きな役割を担って生まれてきた方なのだとおもった。
私の役割は・・・、いまだ見つからない。何のために生かされているのか・・・。

私には今でも大きな体をゆすりながら近所の桜の下を往診に出向く先生の姿が鮮明に思い出される。

今頃、斎場の煙突から煙となって立ち上り、思い出の場所をめぐっていらっしゃるのかもしれない。


先生、お疲れ様でした。
そして慎んでご冥福をお祈りいたします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
良い人生を送られた先生ですね。
うらやましい限りです。
私も、この重たい体で、生かされていると感じることがあります。
私のこれからの役割は何なのでしょう。
少しでも何かの役に立てば、よいのですけれど。
mhm
2010/03/19 20:54
とても素晴らしい人との出会いがあったのですね。
私も病気をした時は『私は必要な人間なのか…』とどれだけ考えた事か。
でも、その度に周りにいた人生の諸先輩方が助言をして下さって、今に至っています。
出会いって、お金では買えない宝だと、歳を経る毎に感じます。
今は亡くなられた事で悲しみが大きいかも知れませんが、ご主人や先生の奥様と亡き先生を偲んで下さい。先生はちえサンをずっと見守っていらっしゃる事でしょう。
にゃあん
2010/03/19 22:04
心から亡き方を偲ぶご葬儀であったことが伺われます。
皆さんに慕われるご立派なお医者様でいらしたと同時に、ご自分の人生を存分に楽しまれ、全うされた方なのですね。
心よりご冥福をお祈りさせていただきます。
ノア
2010/03/20 00:17
そんな素敵な方が…残念ですね。
葬儀の時、いつも思うのは、最後は煙になってしまう。
どんなに、いい人でも、悪人でも、普通の人でも。
平等なんですよね。
わたしも「何のために生かされているのか」、いつまでも考えながら生きていく気がします。
rosso
2010/03/20 01:06
大変な役割を終えられて、あちらでは安らかに過ごしてくださるといいですね。
先生の生き様がヒントになって、ちえちえさんの人生の役割がいつかわかるといいですね。
私も、まだまだ探索の途中です。
もりお
2010/03/20 08:10
素晴しい方がちえちさんご夫婦の傍で見守っていてくれたんですね。
人生の役割  まだまだ分かりませんが いつかそのことに気がつく日がくるのかなぁ?それとも模索しながら生きていくのか? 人生ってまだまだわからないことだらけです。
丸み
2010/03/20 16:51
みなさん、コメントありがとうございます。そうですね、みなさんも自分探しを続けていらっしゃるんですね。自分の役割は亡くなるとき初めてわかるような気がします。それまでずっと模索を続けていくような・・・。先生のような、立派な生き方はできないと思いますがなにか人の役に立つように人生を送りたいです。まだまだ未熟者ですがみなさん、見守ってくださいね。
ちえちえより
2010/03/21 14:11
とてもつらいですね。私もおととし仲人さんが亡くなりました。その方も県の教育委員長をされたり、歴史博物館の館長をされたりで、天皇陛下ともお会いになった人なんです。びっくりしたのが亡くなったのが私の結婚記念日と同じ日だったんです。訃報を聞いてとてもびっくりしました。とても尊敬する人がなくなると、本当に寂しくなりますね。ちえちえさんも、きっと何か生きる目的がわかる日が来ると思いますよ!
みけねこ
2010/03/21 23:33
素晴らしい人生を送られた方ですね。
そんな方と出会えたちえちえさん、、、
何かを学べてきっと人生の意味も気づけると思います。
長く生きてても、何も思わず気づかないままの人もいるのに、ちえちえさんの歳でこういう事を思えるだけでも素晴らしい事だと思います。
ちえちえさんを必要としてくれる人たちがいる限り生きている意味があるんでしょうね。
いい人生だったなと思って感謝して終えられるようにお互い頑張って生きていきたいですね(*^^)v
らみぃ
2010/03/22 12:53
素晴らしい人柄で、素晴らしい人生を歩まれた方ですね。
みんなが、みんな同じような素晴らしい人生を送れる訳ではないけど、自分なりに頑張りたいと思いますよね。
本当に答えは最後まで、分からないんでしょうね。
ご冥福をお祈りします。
タフィー104
2010/03/26 12:35
ひき続きコメントをありがとうございます。
みなさんがおっしゃるように、この世を去るときに、自分なりによい人生だったと思えるような生き方をしていきたいですね。
そういうことを考える機会を下さった先生に感謝です。あわせてご冥福をお祈りいたします。
ちえちえより
2010/03/28 20:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログパーツ エステ
亡き方を偲んで ふわふわねこじゃらし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる