ふわふわねこじゃらし

アクセスカウンタ

zoom RSS 西本智実Withロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団石川公演

<<   作成日時 : 2009/09/25 15:01   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 10

昨日は、指揮者の西本さんの公演がありました。
去年は、石川にはいらしてないので、久しぶりの 生の西本さん です。

私は、クラシックには詳しくありませんが、昔から好きです。
小学生の頃から、父と時々コンサートや、バレエを見に行っておりました。


でも、指揮者に見入ってしまったのは西本さんが初めてでした。(その頃は今ほど有名じゃなかったのですが)
指揮者が変わるとこうも楽団や、曲が変わるんだと気づかせてくれたのです。
それ以来西本さんの大フアンとなり、今に至っています。


今回、主人が取ってくれた席は、前から5列目のちょうど西本さんの真後ろ。
これでは、お顔がほとんど見えません。
曲を聴くにしても、もう少し後ろのほうが、
各楽器の音がまとまって聴きやすいのに〜
でも、こんないい席を取ってくれた主人には感謝  デス。


公演前の地元新聞の記事です。
画像


石川公演では、
モーツァルトの歌劇「後宮からの逃走」から序曲、ピアノ協奏曲第20番
そしてマーラーの交響曲第5番です。
私にとってはあまり耳なじみのない曲ばかりだったのにもかかわらず、
予習も不十分。


モーツァルト 歌劇「後宮からの逃走」から序曲
歌劇だけあって、割合軽快なカンジの曲。
西本さんの切れの良い指揮が楽器を引っ張っていきます。
公演の初めの曲にはちょうど良いボリューム。


モーツァルト ピアノ協奏曲第20番
私は、第二楽章が好きかな。小鳥が鳴いているような印象をうけました。
ピアニストのフレディ・ケンプさんは、初めて聴きましたが、とても良い印象。
西本さんと何度もアイコンタクトをとり、ピアノが取り残されることなく他の楽器との協調性も抜群だった様におもいます。二人の解釈が一致していたのでしょう。

西本さんは制するところは制し、ピアノと弦楽器のどちらの音も見事にあやつり、それは見事なものでした。

フレディ・ケンプさんはドイツ人のお父様と日本人のお母様とのハーフ。
でも、お顔はヨーロッパ系そのものです。
度重なるアンコールの拍手にアンコール曲シューマンの「なぜ?」を弾いてくださいました。
アンコール曲を演奏する前に「シューマンの小さい曲です」と片言の日本語で話してくださいました。


マーラーの交響曲第5番
いよいよマーラーです。
一応何度か聴いてはきましたが、
どうも退屈で好きになれない曲だなあという印象。
ベト7のサントリーホールがうらやましいと思っていました。  

が、しかし!! です。

西本さんのタクトからは、予想もしないマーラーが導き出されていきます。
優雅に、時に力強く、西本さんのタクトはとどまるところを知らないかのようです。
そして、どんどん引き込まれていく。

さすがです。
CDで聴いていたマーラーとはまるで別物・・・
鳥肌もんです。

特に、第一バイオリン、第二バイオリン、ビオラ、チェロのピチカートの巧妙さには魅了されてしまいました。

第一、第二と楽章が終わるごとに会場からは、ため息が・・・。
みなさん力が入っているようです。私もいつも間にか汗をかいていました。
最終楽章では西本さん自身も曲に入り込んでいた様子で、
情熱的なタクトでした

「ブラボー
 


久しぶりに眠っていた感情が揺り動かされたような感動

それらが私全体を、いえ、会場全体を包み込み、拍手が鳴り止みません。

彼女はいつも私に新たな感動を与えてくれます。


今回のプログラムです。
画像




昨夜は、脳が興奮しているのかなかなか寝付けませんでした。


今朝の新聞記事です。
画像



ああ、今度はいつ、金沢に来ていただけるのだろう。
大体毎年来てくださいますが、去年は公演がありませんでした
お忙しいし、地方だし、もう毎年は無理かもしれません。
でも、来ていただける日を心待ちにしています。
子供が大きくなったらサントリーホールや、大阪、神戸などの公演にも行けるのになあ。

そして、何よりも西本さんが体に気をつけ(以前首や肩を痛められたことがありました)、充実した日々を送られる事を願ってやまないのです。





ぽちっとしてねん
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
クラシックはまるでわからない私ですが
指揮者の西本さんだけは知っています(^^♪
ちえちえさん、本当に西本さんが大大大好き
なんですね〜〜ヽ(^o^)丿
そういえば、ちょっと前にはシフォンちゃんまで
西本さんの映像をじーーっと見てましたよね(^_-)-☆
さすがっ
mahomahalo
2009/09/25 16:56
久しぶりに元吹奏楽部員の血が騒ぎました。
前にCMで西本さんが出ていたころ、こんな音が??と驚いて実家に置いたままですが、CDを買いあさっていた時期がありました。
中でも、マーラーは1番ですが、吹奏楽バージョンで編曲されたものを成人団体にいたころに演奏したことがありました。今でもマーラーは大好き。


長野県でも上田市近辺。。。田舎すぎて西本さんは来てくれないかもしれませんね。
真璃
2009/09/25 20:49
ちえちえさん、クラシックに詳しくないなんて、とんでもない、凄いです、少なくとも私の何十倍も詳しいです。
私はホント、ミーハーですから〜
読んでいてちえちえさんの興奮と感動が伝わってきました。マーラー、良かったのですね。難解だと聞いていましたけど、それを鳥肌もんと言えるちえちえさんはすごいです。もちろん西本さんも凄いけど。
ケンプさん、良かったですよね、優しい音を奏でていましたね。
ベト7も私がCDで聴いていたのとはだいぶ印象が違いました。こんなふうに指揮者によって解釈が違うのを楽しめるようになりたいと思います。修行をせねば!
ノア
2009/09/25 21:25
音楽は癒されますよね。
心が洗われる感じでしょうか…。
クラシックには疎いアタシですが…(ピアノを習っていたはずなのにロック党)
店内とかで心地良いクラシックが流れてると聞き入ってしまいますよね♪
一度、H◯Vで西村さんのを試聴してみましょ♪
にゃあん
2009/09/25 22:10
生西本さんが見れたんですね〜
私はクラシックは余り詳しくは分かりませんが西本さんはステキだなぁ〜って思います^^
前から5列目の席だなんて素晴らしい〜
ホントに、ご主人に感謝ですね
でも、クラシックは前過ぎると聞きづらいんですね。
ジュリーのコンサートなら5列目なんて最高の席ですが(-m-)ぷぷっ
私も子供が小さい時は遠征は出来ませんでした。
今は高速バスで行けるとこまで行きます
ちえちえさんも子供ちゃん達が大きくなったら心おきなく行けるようになりますよ^^
らみぃ
2009/09/26 08:36
クラシックいいですね〜。
一度聴きに行って見たいです。
のだめカンタービレ好きで読んでます(笑)
山口達也
2009/09/26 09:18
mahomahaloさんへ
はい。クラシックの私の概念をころっと変えてくれた人ですから
シフォンも好きなのかなあ。ほら飼い主に似るって言うじゃないですか

真璃さんへ
吹奏楽部だったの楽器は何を・・・?
吹奏楽も大好きです!!しょっちゅう見に行ってたなあ。
西本さんのCD、聴いてみてね。

ノアさんへ
きゃー
ノアさ〜ん!!私の興奮、わかってくれますかあ。
今回のCDが早く出るといいなあ。
あえて、ノアさんのブログと同じバックを使わせていただきました
ちえちえ
2009/09/26 15:04
にゃあんさんへ
本当に私にとっては命の洗濯です。
たぶん病気で鈍っているのかあまり感情を感じなくなっていたのですが、それが大きく揺さぶられ、感動したんですから・・・。
ぜひぜひ聴いてみて!!

らみぃさんへ
そうなんですよ〜。でも弦楽器は見えるけど金管木管は見えないし・・・。
でも西本さんの近くで西本さんの感情まで伝わってきたような気がしました
子供たち、はやくおおきくなあれ

たつやさんへ
私も「のだめ」大好きですよ。いろいろ好きな曲も出てくるし。そういえば、しばらく買ってないなあ。今何巻まで出てるんだろう・・・。
ちえちえ
2009/09/26 15:13
ちゃちゃまるさん、猫吉さん、丸みさん、
気持ち玉どうもありがとう
ちえちえ
2009/09/26 15:15
odamariさん、みいやんさん、ヒーちゃのかぁさんさん、気持ち玉、どうもありがとう
ちえちえ
2009/09/28 16:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログパーツ エステ
西本智実Withロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団石川公演 ふわふわねこじゃらし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる